みなさま、こんにちは

本日はインビザラインで矯正治療を行う中で、よくあるトラブルとその対処法をご説明します。


アタッチメントが外れた

アタッチメントとはマウスピースと歯のフィッティングをよりよくするために、歯面に突起のようなものを接着します。矯正治療完了後には外すものになるため、お食事やマウスピースの着脱の際に外れてしまうこともございます。

付け直しの処置が必要になりますが、外れた箇所によっては次回の来院時の対応でも可能な場合がございます。

外れたことに気づいた場合には、一度お電話にてご相談ください。

アタッチメントが外れないために…

・マウスピースはアタッチメントがついていない内側から外しましょう。外す際は、左右均等に力がかかるよう外してください。

・歯磨きをしっかり行い、アタッチメントの周りに汚れがたまらないようにしましょう。汚れがたまると、アタッチメントが劣化し、外れやすくなります。

・なるべく硬いものや粘着性のあるものは避けましょう。おせんべいなど硬いものを食べる際は、一口大にして食べて頂くと外れにくくなります。

マウスピースが合わない

交換した際に、マウスピースが浮いている、アタッチメントと合っていない、などとお問い合わせをいただくことも多くございます。

マウスピースによる治療は、ご自宅でマウスピースを交換して頂き歯を動かしていくもので、新しいマウスピースは歯を少し動かした状態で作製しております。

交換をしてすぐの場合には歯が動ききっていないため、1週間程度は様子をみていただくようお願いしております。

また、ほとんどの患者様が最初に作製したマウスピースを全て使用後に、再度マウスピースを作製し細かい修正を行います。治療が進んでいく中で、徐々に歯とマウスピースのズレが生じ、ご不安になる患者様も多くいらっしゃいますが、必ず再作製を行い調整致しますので、ご安心ください。


中には、極稀ではございますが、不良品のマウスピースが混ざっている場合がございます。その際には大変お手数ではございますが、マウスピースを持ってご来院ください。それまでは、ひとつ前のマウスピースのご使用をお願いいたします。

合わないと感じた場合の確認事項

使用時間をしっかりと守れていますか?
使用時間がとれないまま、交換をすすめるとマウスピースが合わなくなります。使用時間が取れない日があれば、交換日数を伸ばしてご使用してください。

アライナーチューイをマウスピース装着時に噛むようにしましょう。

虫歯の治療はしていませんか?
虫歯の治療を行い、歯の形が変わればマウスピースが合わなくなります。虫歯治療をされる場合にはまず一度ご連絡ください。

マウスピースが歯茎や唇に当たって痛い

●歯茎に当たる場合

マウスピースの縁の部分が鋭利な場合もございます。その場合には、爪やすりで研磨していただくようおすすめしております。爪やすりがない場合には、小さなハサミで少しだけ縁を切っていただいても良いです。

●唇に当たる場合

ゴム掛け用のフックの部分が唇に当たることもございます。その場合には、一度マウスピースを外した状態でフックの部分を内側に指で曲げていただくと緩和されます。

マウスピースが割れてしまった

マウスピースの取り扱いに慣れていない最初の頃や、ガタガタが強い場合、マウスピースに亀裂が入ることがございます。

●亀裂が入った場合

装着できる程度の亀裂であれば、そのまま継続して使用してください。

●完全に割れている場合

完全に割れてしまっている場合には、新しいマウスピースに進んで頂きます。その場合には、交換日数を伸ばして使用をお願いします。

もし、亀裂の程度がご自身で判断つかない場合やご不安な場合には、まずご連絡ください。状態を確認させて頂き、お伝えいたします。

マウスピースを紛失してしまった

まずはご連絡いただくことが必要ですが、休診日などの関係でご連絡ができない場合には、ひとつ前のマウスピースを使用してください。

また、交換日が近い場合には次のマウスピースに進んでください。その際には、交換日数を伸ばして使用してください。

ひとつ前のマウスピースは必ず保管してください

紛失やトラブルが発生し、マウスピースをつけていない状態が続くと、歯は後戻りしてしまいます。

そのため、必ず一つ前のマウスピースの保管をお願い致します。

何もつけていない期間が長くならないよう、トラブルが起きた場合には早めに当院へご連絡ください。



福岡天神矯正歯科